子供と赤ちゃんのことならあたいに任せて

ベビーアンドキッズエンタ

妊婦

「妊娠おめでとうおます!」小さな宝物が、おなかの中で成長を続けていきまんねん。赤ちゃんに会える日まで、二人だけの会話が始まるんや。これから、あんさんはおかんになるための準備をするために妊婦となるんですわ。妊婦はどないなことに気いつけていったらよいんでしょうか?

妊婦とは?

妊婦とは、妊娠してから、出産するまでの女性のことをええまんねん。十月十日とも言われ、長い期間を妊婦として過ごしまっせ。毎月の検診や体重管理、栄養摂取、ずぅぇえええぇぇええんぶが完璧やないといけんということはおまへん。身体やお腹に、負担をかけへん程度に、のんびりと過ごすことが、妊婦として、お腹の赤ちゃんのためにもええや。

毎月の妊婦検診

妊婦は、毎月妊婦検診に行くことで、妊娠に伴う合併症や異常やらなんやらを早期発見し、胎児の正しい発育状態を知ることもできまんねん。毎月の妊婦検診は、より安全な出産をするためにも重要なんやこれがホンマに。

妊娠週数と検診間隔・診察内容

  • 妊娠4ヶ月まで(1・2週間毎):妊娠反応・子宮膣部癌検診・経膣超音波検査・エコー・内診・予定日決定
  • 妊娠6ヵ月まで(4週間毎):血圧・体重測定・尿検査・腹式超音波検査・エコー・内診
  • 妊娠9ヵ月まで(3週間毎):血圧・体重測定・尿検査・腹式超音波検査・エコー・内診
  • 妊娠10ヵ月以上(1週間毎):血圧・体重測定・尿検査・腹式超音波検査・エコー・内診

妊婦の体重管理

昔は、妊婦は、2人分食べなさいと言われとった時代があるんや。そら、現代にように栄養素をようけ摂られへん時代やったからや。現代は、栄養豊富な食品も増えとることから、2人分食べる必要はおまへん。妊婦の体重増の許容範囲は、(赤ちゃんの体重)3kg+(胎盤・羊水・血液やらなんやらの水分)3kg=+6~7kg程度や。これらを把握するっちうことで、妊婦の脂肪量をコントロールできるようになるんですわ。
せやけどダンさん、妊娠前の体型によって体重増の許容範囲はちごてきまんねん。痩せとる人は+7~12kgまで、太り気味の人は+5kgまでに抑えるようにがんばりまひょ。妊婦が太りすぎることによって、「難産」「妊娠中毒症」「腰痛・膝痛、静脈瘤」やらなんやら、悪いことばっかり。妊婦は、脂肪がたまりやすくなり、運動不足から、すぐに体重が増えてしまいまんねん。

妊婦の食事と栄養管理

■一日三食をきちんと食べる

不規則な食生活は、栄養が不足しがちや。さらに、肥満の原因にもなりやすいさかい、一日三食摂ることを心がけまひょ。

■加工食品は避け、薄味を心がける

塩分の摂りすぎは、肥満や妊娠中毒症の原因ともなるんですわ。塩分・脂肪分・添加物をようけ含む加工食品を控え、薄味で手作りするようにしまひょ。

■不足しがちな栄養素をしっかり摂取

貧血防止や流産予防・便秘予防やらなんやら、バランスよう栄養を摂取するようにしまひょ。

妊婦の摂取したい栄養素

妊婦は、胎児のためにも摂取しておいたほうがええ栄養素がようけおます。一日30種類以上の栄養素を取りたいんやけど、主な栄養素を紹介。

■鉄分

低血圧で貧血気味の妊婦は、鉄欠乏性貧血になりやすいや。

【鉄分食品】:レバー、肉、ほうれん草、かぼちゃ、鯖、ひじき、胡麻やらなんやら

■カルシウム

妊婦は、どエライカルシウムを吸収しやすい体になっとりまんねん。

【カルシウム食品】:牛乳、チーズ、ヨーグルト、豆腐、納豆、いわし、にぼしやらなんやら

■食物繊維

妊婦は便秘になりやすく、その便秘を解消してくれる栄養素。

【食物繊維食品】:わかめ、バナナ、キウイ、大豆、ごぼうわ、ひじき、いも、玄米やらなんやら

~ビタミン~

妊婦が必要なビタミンはB1、B2、B12、ほんで葉酸といわれとる。

■B1

糖質を分解し、エネルギーに。肩こり・疲労を回復。

【B1食品】:豚肉、うなぎ、ごま、のり、大豆やらなんやら

■B2

脂質を分解し、エネルギーに。髪の毛や皮膚にええ。

【B2食品】:レバー、卵黄、うなぎ、緑黄色野菜

■B12

血液を作んのに必要な栄養素。 知能や運動神経の発達を補助。

【B12食品】:レバー、乳製品やらなんやら

■葉酸

胎児の脳や体の発育に必要な栄養素。

【葉酸食品】:豆、レバー、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、メロン、バナナやらなんやら現在は、妊婦専用のマルチビタミンやらなんやらのサプリメントも販売されとるようやけど、そやけどアンタ、できることやったらば、食品からの栄養素を摂取するように心がけまひょ。

妊婦の運動管理

妊婦に適した運動は体に負担んかからへん水泳、持久力をつけるエアロビクス、足腰を鍛えるウォーキングやらなんやらの有酸素運動がおます。こないな運動の中から、マタニティスイミング・マタニティビクス・マタニティヨガといった妊婦を対象にした運動が誕生しましたわ。妊婦の運動の目的ちうんは、太りすぎを予防し、心身をリラックスさせ、出産の不安を解消するっちうことが1番の目的や。
さらに、運動するっちうことによって、分娩時間や分娩時の体力をつけることができまんねん。そやかて、どないな妊婦でも運動してええかちうとそうやのうて、医師の診断により、運動したかて問題がな判断されたときのみや。
切迫流早産・貧血・前置胎盤・多胎妊娠・骨盤位やらなんやらの症状と判断されとる場合は、運動に適さへんさかい、用心しておくんなはれ。

妊婦専用グッズ

妊婦になると妊婦専用のグッズやアイテムやらなんやらを利用するっちうことがようけなってきまんねん。その中でも便利ええもんを紹介していきまんねん。

■妊婦バッジ

妊婦バッジ、またはマタニティバッジやらなんやらとも呼ばれとるのやけど、これを身につけとることによって、「妊婦や」と周りに認識したかてらうことができまんねん。お腹が大きくなってくれば、妊婦やいうことはわかってても、お腹が大きなる前の妊娠初期は、言わな、妊婦やとわからへんことが多いのや。
そやかて、妊娠初期は、つわりやらなんやらもあり、胎児が人間に形成していく大事な期間や。その状態をわかってもらうために妊婦バッジが開発されたというてもええでっしゃろ。この他にも妊婦ストラップや妊婦キーホールダーやらなんやら、さまざまなもんが販売されとりまんねん。

■妊婦専用シートベルト

現代の女性は、車に乗り歩く機会も多いのが特徴や。せやけどダンさん、シートベルトをせなならへん。通常のシートベルトちうんは、妊婦にとってお腹を圧迫し、ごっつう辛い状況になるんですわ。せやけどダンさん、事故から身を守るためには、やっぱりシートベルトは欠かせへん。
ほんで販売されとるのが、妊婦専用のシートベルトや。これによって、大きなお腹を圧迫するっちうことがなく利用するっちうことが可能や。さらに、きょうびでは、妊婦に優しい車やらなんやらの販売もされとります。

妊婦に優しく

妊婦は、小さな命をそのお腹に抱えとりまんねん。妊婦期間は、どエライ長いや。妊婦生活を楽しくするためにも、もっともっと利用しやすい環境になるとええやね。それに、妊婦である妻をもつ夫も、優しい心づかいが求められはります。
マタニティブルーとも呼ばれ、妊婦は、どエライ感情の起伏が激しいや。それをしっかり支え、サポートしたることが、夫の役目や。街で、妊婦を見つけたら、手をさしのべてあげておくんなはれ。ほんで、妊婦に優しい環境を作ってあげまひょ。

, , , , , , , , , , , , , ,