子供と赤ちゃんのことならあたいに任せて

ベビーアンドキッズエンタ

レッスンバッグ

レッスンバッグとは、元々ボウズがピアノやそろばんといった習い事をする時に、その道具を入れて持っていくためのバッグのことやった。どちらかとぬかすと、ピアノや毛唐のセリフ、バレエと言うた当時は少々オシャレな習い事ちう認識のあったもんのレッスン(文字通り)に通う時に持っていくためのバッグちうことでそないな風な名前で呼ばれるようになりよったようや。そやけどアンタ、今では習い事全般に持っていくバッグ(かばん)を総称して、レッスンバッグと呼ぶようになったんですわ。

レッスンバッグの入手方法

レッスンバッグはどないして準備したらええんでしょうか?
その準備の仕方について、ウチでは説明しまっせ。
レッスンバッグとぬかしても、ランドセルや学生鞄といった通学鞄のように、明確な基準がある訳やおまへん。要は普通のバッグでさらさら構へんのや。そやけどアンタ、一般的には「レッスンバッグ」と言うたら、大きめの手提げ袋を指してんことが多いようや。実際に鞄コーナーに行くとレッスンバッグとして販売されとるもんはそういった形のバッグが多いや。

■塾指定のバッグを購入

塾や習い事によっては、ほんで必要な道具を斡旋してくれる場合もおます。習字やそろばんといったもんやったら、ほとんどはそれに使う道具に専用のケースゆうものがあるんで、別に揃えるよりも元々あるもんを使うのが使い勝手もよいでっしゃろ。
絵画や楽器の習い事についても、専用ケースがある場合が多いやね。

■お店でレッスンバッグを購入

習い事を始めたら、どないなもんを持参したらええかはっきりするさかいに、必要なもんが入る大きさのバッグを選んで購入しまひょ。
ここで重要なんは、必要な大きさをきちんと測ってから買いに行くこと。そうやないと、せっかくこーてきたんやけど、中身が入らへん!やなんてことになりかねしまへん。また、選ぶ時には習い事以外のお出かけやらなんやらでも使えるようなバッグを選ぶと、経済的やね。(笑)

■レッスンバッグを手作りで作る

お子はんが大きくなってまえば、おかんの手作りよりもバッグをこーてもろた方が嬉しい・・・やなんてこともあるかもしれしまへんが、小学校低学年ぐらいまでやったらおかんのお手製のもんはボウズにとってはやっぱり嬉しいもんや。
手作りのレッスンバッグやったら、大きさも好きなように作ることが出来よるし、お子はんの好きなキャラクターやデザインを取りぶちこむことが出来まんねん。習い事に行く時には、「このバッグを持って行くんやよ」ちう感じで、最初に習い事をする時の動機付けにも一役買うことでっしゃろ。他のどなたはんも持っておらへん世界に一つだけのレッスンバッグやから、お稽古事にも励みになるはずや。余裕のある方は、ぜひレッスンバッグを手作りしてあげてはいかがでっしゃろか?

簡単なレッスンバッグの作り方

レッスンバッグを作ってみたいんやけど、何だか難しそう・・・ちう方のために簡単なレッスンバッグの作り方をご説明しまっせ。このレッスンバッグの作り方は、基本的には、直線断ちやから、ややこしいトコはおまへん。ミシンがあれば、簡単に出来てしまいまんねんョ!

レッスンバッグの作り方

【材料】

      • キルティング地・・・90cm×45cmまたは75cm×60cm

※ポケットを別の布にするんやったら、本体75cm×45cm、ポケット部分20cm×15cmがあればOK

      • カラーベルト(25mm) ・・・40cm×2本
      • ミシン糸 ・・・布の色にあった糸適量
      • チャコペンシル ・・・印つけ用

【作り方】

  1. <印つけ>布の裏に点線部分に印をつけておく。布の短い方(45cm)の辺から並行に両端からそれぞれ2.5cm、35cmのトコに印をつけるちうわけや。
  2. <ほつれ止め>ポケットと本体の部分の周りをジクザグ縫いでかがちう、ほつれ止めをするちうわけや。ふり幅は、4~5mmで設定するちうわけや。
  3. <ポケット>ポケットを上になる一辺だけ2cmの部分を折り返し、1.5cmぐらいのトコ(出来上がり時にポケットの上部にステッチが入ることになる)にミシンをかけるちうわけや。それ以外の三辺を1cmのトコロで折り返し、端から2~3mm残して、3辺にミシンをかけるちうわけや。ポケットの口となる部分の2つの角は返し縫いをして補強するちうわけや。
  4. <持ち手>布の表側の短い方の辺(45cm)に両端からそれぞれ14cmずつで上から5.5cmのトコに印をつけ、カラーベルトを2.5cm折り返してからマチ針で止め、しつけ糸で固定するちうわけや。ミシンで四角く周りを縫うわ。強度を高めるために、その四角の中を×にも縫うわ。
  5. <袋>布を中表にして、長い方の辺(75cm)を半分に折り、持ち手をつけていなへん方の辺の両端から1cmのトコをミシンで縫うわ。縫い初めと縫い終わりの部分はそれぞれ返し縫いをして補強するちうわけや。
  6. <マチ>底になる方の部分を縫うわ。最初に印をつけておいたトコロで三角に畳み、ミシンをかけて、縫い代を割り、そのまんま布を表に返す。表に返したら、角をしっかりと作るように形を整えるちうわけや。ここで底が完成し、マチも5cm出来よる。
  7. <バッグの口>バッグの上から3cmのトコを折り返し、マチ針で止めたら、軽くしつけ糸で留めて、上から大体0.2cmと2.7cmのトコにミシンをかけてでき上がり。0.2cmのトコは持ち手のカラーベルトも一緒に縫いこみ、2.7cmのトコはカラーベルトのちょうど下の部分と裏の縫い代のちびっと上の位置を縫う形となるちうわけや。

【レッスンバッグの作り方のコツ】

  • ミシンの使い方が不安な人は、しつけをかけてから、ゆっくりと縫うとやりやすいや。
  • 折り返す時には、アイロンをかけてしっかりと折り目をつけてから縫うと、出来上がりも綺麗や。
  • キルティング生地を使うたら、裏地をつける必要があらへんさかい、普通の布よりも簡単に丈夫なレッスンバッグを作ることが出来まんねん。
  • 余裕のある人は、ポケットを2個にしてみたり、ワッペンやらなんやらを縫い付けたりすると、よりオリジナル性がアップしまっせ。

, , , , , , , , , , , , , , , ,